スタッフインタビュー【5】

キクチ種苗スタッフインタビュー前回は、熊谷彩さんをご紹介ました。第5回目は、吉賀絵美(よしがえみ)さん。キクチ種苗に入社して10年、日々植物や野菜についての勉強を心がけているという、熱心な人柄についてご紹介します。


キクチ種苗で働くきっかけは?

キクチ種苗で務める前は、福岡で事務の仕事をしていました。元々お花には興味があったので、全く畑違いの職種でしたが、思い切ってやってみようと思い入社しました。


今はどんな業務を担当していますか?

店内業務全般に加えて、営業も担当しています。

具体的には、小学校などの学校関係や、市役所などに出向き、注文をいただくための仕事も行っています。学校などのご注文は、主に花の苗や土関係のものが多いです。

実際に店舗や営業の仕事をされていて嬉しかったことなどありますか?

営業については、今まで注文をいただいた事のない新しいお客様からの注文があった時や、既存のお客様から注文はもちろん、育て方などの相談を受けた時に、充分な対応ができたときは、やっぱり嬉しいですね。

また店舗でも、お客様におすすめした野菜を実際にお客様が育てて、その野菜をわざわざ私に持ってきてくれたこともあって・・・。「おかげでこんな立派な野菜ができたよ、ありがとう!」と言われた時は、この仕事をして良かったなぁと実感しました!

植物や種、苗などの知識はどうやって学んでいるのですか?

本を読んだり、店長に聞いたりして勉強しています。また、野菜や植物の種や苗についての入荷時期や育て方のポイントを書き留める勉強用のノートを自分で作っています。お店には、たくさんの種類の商品があるので、忘れずに書き留めておくことで、お客さんに的確にアドバイスできると思って、ずっとこのノート作りは続けています。

お休みの日はどんなことをしていますか?

愛犬と散歩に行ったり、他のお花屋さんに買い物がてら気になる商品を見に行ったりしています。実際に自分で育ててみたいな、と思ったものは買って育てたりしています。

今は、旬の野菜のキュウリやトマトなども家で育てて楽しんでいますよ。

吉賀さんイチオシの商品があれば教えてください!

色々なものがありますが、以前道の駅に行ったときに見つけて以来、自分でも育てていて、おすすめなのが「金糸瓜(きんしうり)」です。これはカボチャの仲間で、ほぐれた糸状の果肉をゆでると、そうめん状になるんです。数の子みたいな食感で、ドレッシングなどをかけて食べるととても美味しいんです!夏におすすめです。

これから花や野菜を育ててみようかなと思っている方にメッセージを!

花や野菜について、知識がないけど興味あるなぁ、と思ったらまずは店内を歩き回って観賞するだけでもよいので、一度お店に足を運んでもらえたらな、と思います。

また、お客様の疑問に思うことや不安を解消できるよう、日々勉強しながら業務もがんばっていきたいです。